太陽光発電システムを取り入れた注文住宅


太陽光発電システムとは、太陽光を電気に変換するための仕組みを指しています。
太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、屋内分電盤、電力量計、電力モニタなどが、太陽光発電システムに必要な主な機器です。
太陽電池モジュールとは屋根に設置した黒いパネルのことです。
このモジュールが太陽光を集めて電気を作ります。
高性能な太陽光発電システムを搭載した注文住宅 横浜が急成長している
そしてパワーコンディショナを通して、発電された電力を直流から交流に変換します。
これによって、発電した電力を家庭内で使えるようになります。
また、パワーコンディショナは太陽光発電システムの運転を自動で管理する役割も担っています。
発電した電力は屋内の分電盤によって、それぞれの部屋で使用できるように送られます。
日中には発電しながら、それらの電力を家庭内で使います。
そして余った分を電力会社に売ることができます。
天候不順だったり、夜間の発電しない時間帯には電力会社から電気を買うようになります。
これらの売電量と買電量を、電力量計が計測します。
余った電気を売ることを余剰電力買取制度と言いますが、太陽光発電設備によっては発電した電力をすべて売ることができます。これを全量買取制度といいます。
ただ、10KW以上のパネルを設置する必要があるので、一般住宅ではほぼ余剰電力買取制度が利用されているようです。
電力モニタでは電力に関するいろいろな情報をチェックすることができます。
現在の発電量を見たり、これまでの売電・買電量をグラフにしたり、1カ月の電気代の目安を確認したりなど、楽しんで太陽光発電生活を送ることができます。

コメントは受け付けていません。