日華斎場で行う家族葬儀のマナー


高齢などで参列者が少なかったり、遠方にいるなどの理由から家族のみで葬儀を行う家族葬儀が注目されています。
家族葬儀は遺族と、故人と親しかった人、親族のみで行う葬儀で、限られた人のみ参列することができます。
故人と最期の別れを落ち着いて静かに過ごしたい人が選ぶことが多い葬儀で、一般の葬儀と同じように通夜があり、葬儀もありますが、告別式はありません。
通夜を行わない場合は1日葬という形になることもあるので、事前に菩提寺とよく相談をしておくようにします。


日華斎場で行う家族葬儀のマナーとしては近所の方に報告をしなかったり、参列を辞退したりするため、お詫びを兼ねて挨拶にいくようにします。
また、参列をしなかった人から香典や供花が送られてくることもあります。
そういった場合、故人の意向から香典や供花を辞退させていただきますと文を添えると良いです。
その他のマナーとしては、家族葬を行った場合、そのお知らせと年賀欠礼のはがきを一緒にしない、ということにあります。
喪中はがきは新年のあいさつができないことへのお詫びも意味もあるので家族葬儀を行ったあいさつとは一緒にしません。
また、家族葬儀の挨拶状を送った場合、後日自宅へ弔問に訪れる方もいます。
そういった方への応対もしっかり行うようにします。
家族葬儀はまだ浸透して日数が間もないため、戸惑う方も多いです。
本来参列すべき人が参列しないため、香典や供花はどうしたらよいのだろうと悩む方もいます。
そういった方のためにも、遠慮することはきちんと遠慮する、と伝えることもマナーの一つといえます。

コメントは受け付けていません。